COSME NATURALS, LIMITED

HOME > 自然派化粧品の始まり > 自然派化粧品の誕生  〜創業から戦後まで〜

自然派化粧品の誕生  〜創業から戦後まで〜

変わることのない美への深い想い。日本の化粧品の歴史がここから産まれた。

1935(昭和10)年、大阪で一つの化粧品会社が創業しました。 化粧品を「美しく化する素」と考えた創業者・八木常三郎は、社名にその想いを託したといいます。 その社名こそ「ピカソ美化学研究所」。現在はコスメナチュラルズを統括するグループ企業であり、日本で最初に自然派化粧品を生み出した化粧品会社でもあります。

真に輝かしい健康な美しさとは? その答えを求める旅が始まったのです―。

化粧品とは美しさを引き出すもの

創業者・八木常三郎

「本当の化粧品とは、隠すためのものではない。一人一人に秘められた美しさを引き出すものである」

「ピカソ美化学研究所」創業当時の、企業理念です。

健康なお肌にこそ美は宿るもの。そう考えた常三郎は、自然派にこだわり、次々と新商品を開発し続けました。
彼のそんな想いが通じたのでしょう。世の女性はピカソの自然派化粧品をこぞって歓迎しました。
業績は順調そのものでしたが、日本は次第に大きな暗闇へと進んで行きつつありました。そう、戦争の始まりです。


戦乱の時代だからこそ、美しく

1937(昭和12)年の日中戦争を機に、日本では贅沢品の統制が激しさを見せるようになりました。
衣料品や宝石、そして化粧品。戦時中の女性に許された化粧と言えば、おしろいや口紅程度で、生産中止に追い込まれる商品も少なくありませんでした。さらに商品をパッケージする容器にまで統制が及ぶようになったのです。

戦火によって、化粧品の原料も手に入りにくくなった当時、常三郎は一計を案じました。
限られた資金を、洗顔クリームの原料である「オレイン酸」の入手につぎ込み、ドラム缶に封入して土中に埋めて戦火をまぬがれました。

しかし、この一計が功をそうし、原料不足により多くの工場が操業停止に追い込まれる中、
ピカソ美化学研究所の工場はわずか1日休業したのみで、生産を続けることができました。

「戦乱の時代だからこそ、美しさを忘れてはいけない」

常三郎のそんな想いが垣間見えるエピソードです。

自然派化粧品のこれまで 〜戦後から現在まで〜へ続く

詳しく見る


PAGETOP サイト利用規約